所沢市社会福祉協議会ボランティアセンター tel04-2925-0041/fax04-2925-3419 所沢市内のボランティア・市民活動情報満載!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~日本財団CANPANプロジェクトのサイトより~

 日本財団CANPANプロジェクトでは、
観測史上最大規模の東北地方太平洋沖地震に伴う応援基金を設置いたしました。

東北地方太平洋沖地震応援基金は、
クレジットカードにて、一口2000円から募金することが可能です。


今回の地震の被害にあった皆様を応援するために活用させていただきます。
是非応援の輪を広げてください。

詳細は、こちらのホームページをご覧下さい。
https://canpan.info/open/news/0000006465/news_detail.html(日本財団)

(クレジット決済・銀行振込での募金を募集中。また、Englishのページもあり)
スポンサーサイト

平成23年3月19日(土)に開催予定でした
「地域福祉活動フォーラム
~孤立・無縁社会をつくらない、住み続けられるまち所沢~」
は、

「東北関東大震災」の影響により開催を中止致します。


予定していたみなさまには、
大変ご迷惑をおかけいたしますがどうぞよろしくお願いします。



掲載内容はこちら→http://godash.blog56.fc2.com/blog-entry-261.html
http://godash.blog56.fc2.com/blog-entry-261.html

「全社協 被災地支援・災害ボランティア」のページ(http://blog.goo.ne.jp/vc00000/)より引用

3月11日14時46分頃に東北地方太平洋沖で発生したマグニチュード9.0の巨大地震に関するボランティアに関してお問い合わせをいただいておりますが、
現地での受け入れ態勢が整っていないために行っておりません。
募集情報が決まりましたらお知らせしますのでお待ち下さい。
また、以下のような注意事項も出ております。ご協力のほどお願い致します。

1.被災地へのボランティアについては、詳報をお待ちください 
多くの被災地では被害状況等の情報収集を行っていますが、沿岸部を中心に被害の大きかった地域では今もなお現地に入れない状態がつづいています。
 今後、被害の状況把握とボランティア受け入れの態勢が整い次第、全国的な支援の呼びかけを行う予定です。このニュースでもボランティア募集等に関する新しい情報は随時発信しますので、現地関係機関への問合せはご遠慮ください。

2.被災地への物資の送付はお控えください 
個別に大量の物資が送られると、量の多さや仕分けの困難さ、被災者の手元に届くまでの時間差の問題などで、せっかくの善意の物資がかえって、被災地に大きな負担を強いることになる恐れがあります。現地のニーズが明らかになり、正式に募集が行われるまでは物資の送付はお控えください。
 義援金や災害ボランティア活動の資金への募金の形を取るなどのご配慮をお願いします。

FC2blog テーマ:ボランティア活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

NPO法人所沢市「思い出語りの会」では、
自宅で介護やリハビリの援助をされているご家族の方、
老人介護施設等のスタッフの方を対象に、
コミュニケーション・ケアの実践法について講習会を開催します。
日常介護の改善に役立てる手法です。


日 時:平成23年3月22日(火) 10:30~12:30
場 所:旧庁舎3階 304号室 (所沢市宮本町1-1-2)
参加費:無料
問合せ:思い出語りの会事務局 TEL04-2923-0396 


【助成対象団体】 
①日本国内に活動拠点を有する民間の非営利活動団体で、NPO法人などの法人格を有するもの
②活動実績が2年以上である団体(法人格を有する以前の活動実績を含む)
③複数のNPOが連携した協働事業で、地域の中間支援組織(NPO支援センターなどの活動支援団体)が代表申請団体となる場合は、その協働グループ

【活動テーマ】
「子どもを守る」をテーマに子どもたちの健やかな育ちを応援する次のような活動
1、不登校・ひきこもりの子どもや保護者に対しての精神的・物理的な支援、復学・社会的自立支援活動(フリースクール・カウンセリングなど)
2、児童虐待やドメスティック・バイオレンス(DV)、性暴力などの被害児童・生徒を保護・支援する活動
3、非行や地域犯罪などから子どもを守るための支援活動
4、子どもの居場所作り(働く親支援のための安全な保育、子どもの不安や悩みに耳を傾ける相談活動
など)
5、軽度発達障がい(アスペルガー症候群、LD、ADHDなど)を持つ児童の支援活動
6、上記1~5以外で「子どもを守る」視点に立った活動テーマに相応しい支援活動

【応募期間】
2010年2月1日~2010年3月31日

【対象期間】
2010年10月1日~2011年9月30日の期間に実施する活動。

【申請先及び問合せ】
NPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド(ドコモMCF)
TEL 03-3509-7651(平日10時~17時)
http://www.mcfund.or.jp/

FC2blog テーマ:ボランティア活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

平成23年度ボランティア活動保険の手続きを開始しました。
書類を用意していますので、掛金と印鑑を用意した上で、
窓口へお越し下さい。
(掛金・補償額が変更になっているものがあります。
申込前に、「パンフレット」やボランティア保険のホームページ
「ふくしの保険 http://www.fukushihoken.co.jp/」で内容を確認した上で、手続きをお願いします。)

【各保険の掛金】
1)ボランティア活動保険 
*平成22年度と変更なし。補償金額のみ減額あり。
基本プランA:280円 B:420円 
天災A:490円 天災B:720円


2)ボランティア行事用保険 
*Bプラン(宿泊を伴う行事)のみ掛金増額。
A1プラン:最低保険料560円(1日28円×最低加入人数20名)
A2プラン:最低保険料2520円(1日126円×最低加入人数20名)
Bプラン:1泊2日210円(192円から増額)~

*日数によって金額が変わります。

3)福祉サービス総合補償制度
*平成22年度と変更なし。
①基本補償(ケガ・賠償責任の補償)
Aプラン:延活動従事者数×17円
Bプラン:延活動従事者数×28円
Cプラン:延活動従事者数×42円


②オプション (感染症補償)
延活動従事者数×1円
*基本補償に追加できるもの。オプションのみの加入はできません。 

4)送迎サービス総合補償制度 
*平成22年度と変更なし。補償金額のみ減額あり。
①利用者特定方式 
 A1プラン(利用者人数):利用者1名につき1年間2000円
 A2プラン(利用者人数×年間利用日数):利用日数1日20円(最低保険料1000円)


②自動車特定方式
 Bプラン:1年間2000円(法定自動車定員1名につき)

FC2blog テーマ:ボランティア活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。